ブログ

安全運転で楽しい休暇を(^^)


お盆休暇を利用して行楽や帰省などの長距離走行を計画している人も多いと思います。
みなさん安全運転で楽しい休暇をお過ごしください。

◎安全運転の為に余裕のある走行計画を立てましょう◎
長距離走行では、余裕のある走行計画を立てるということが基本になります。

① 渋滞を予想して時間の余裕を十分にみる
特にお盆の時期は高速道路を中心にかなりの渋滞が予測されますから、渋滞による時間のロスを計算した走行計画を立てましょう。

②こまめに休憩をとる
長時間の連続運転は疲労の原因となり、注意力や集中力の低下を招きます。1~2時間に1回、15分以上の休憩をとるようにします。
高速道路の場合、サービスエリアが約50キロメートル毎、パーキングエリアが約15キロメートル毎に設置されていますから、あらかじめどこで休憩をとるかを決めておくのがよいでしょう。
なお、休憩時には、軽く体操をして身体をほぐす、スポーツドリンクなどで水分補給をする、トイレを済ませる、道路交通情報をチェックするなどを心がけましょう。

③眠気に襲われやすい時間帯の運転は避ける
一般に、午前4~6時頃は最も眠気に襲われやすい時間帯だといわれています。深夜から明け方にかけての運転はできるだけ避けるような走行計画を立てるのが望ましいでしょう。

④帰りは行きよりも一層余裕のある走行計画を立てる
行きよりも帰りのほうが疲れが出やすいと考えられます。帰りは行きよりも一層時間に余裕を持たせた計画を立てるようにします。

以上を参考にして頂いて
安全運転で!いってらっしゃい♪

PPS_ogawanoyousu

関連記事

ページ上部へ戻る